定年でも楽しく好きに生きていく!

定年後の人生を楽しく過ごすために、今にやっておきたいことや気づいたことなど、書き留めるブログ

ウインドサーフィンをする人たちが少なくなってきている理由

ウインドサーフィンといえば、30年以上前ごろには、サーフィンと同じように人気のあるマリンスポーツでした。

でも最近はめっきりする人が少なくなってきて、ウインドサーフィン人口は激減しているんじゃないでしょうか。

ウインドサーフィン人口の減少で、昔は大阪でもたくさんあったウインドサーフィンの道具を扱うお店も少なくなり、ほとんど見かけなくなりました。

またピーク時には、月刊誌として3誌ほどあったウインドサーフィン専門雑誌も、数年前には1誌となり、その一誌も月刊誌から隔月になり、最後の方は年2回になり、ついに廃刊になってしまいました。

あんなに人気のあったスポーツなのに、何でウインドサーフィンをする人が少なくなってきたかと言えば、次の3点です。

1.準備がめんどうくさい。
サーフィンなどと違って、ウインドサーフィンは、ボードだけでなく、セイルやマスト、ブーム、ジョイントなどの組み立てる道具が必要です。

準備するには、これらの道具を組みたてないといけません。ベテランの人でもこのめんどうくささは、慣れません。

いちいち、これら道具を車でゲレンデまで運んで、組み立てて、終われば洗って、持って帰るというのは、めんどくさいです。

準備に時間がかかるめんどうくさいスポーツは、若い人はあまりやりたくないでしょう。

2.道具が高い
ウインドサーフィンは、いろいろ道具が必要ですし、その道具もいちいち高いです。

ボードは1本、30万円前後します。セイルも一枚7万円から10万円ほどします。その他にブームやマストなども5万円以上します。

また、セイルは風域に合わせて、何枚か必要です。そのセイルサイズに合わせてたマストやブームが必要になってきます。

ボードもスラローム用やウェイブ、フリースタイル用など、いろいろと揃えようと思えば、たくさん必要です。

最低限の道具だけでも、40~50万円ほど必要なので、あんがいお金のかかるスポーツなんです。

3.上達するのに時間がかかる
ウインドサーフィンは、海や湖、川などでできますが、風が必要です。うまくなれば風の向きと風の強さがより重要になってきます。

うまい人は、強風が安定しているところでウインドサーフィンを楽しみたいと思っています。

そんな強風が安定して吹いている日は、年間を通すとあまりありません。

最近では気象情報の精度が上がって、風や波の情報が予測できる「Windguru(ウインドグル)」などの便利なサイトがサーファーやウインドサーファーに人気です。

そんなわけで、うまくなるのに必要な練習や経験が、天候に大きく左右されます。がんばって練習しようとおもっても風がなければ練習になりません。

そんなわけで上達するまでに時間がかかることで、なかなかうまくならないので、面白くなくなってやめていく人もいるので、ウインドサーフィン人口が増えない原因となっているようです。


こういったことが原因で現在ウインドサーフィンをやっている人たちは、年齢があるていどいったおじさんたちが多いスポーツです。

時間とお金にあるていど余裕があって、昔からウインドサーフィンをしている人たちだけのスポーツになってきています。







沖縄旅行で必要なレンタカーを選ぶポイントは料金だけじゃない

沖縄に行ってきました。まぁ大阪から2時間ちょっとで行けるのと、最近ではLCCを使えば、数千円程度で行けるので、気が向いた時に行ける範囲の旅行になってきました。

2017年に入って、2月に2泊三日、3月には1泊二日と行ってきたわけです。
関空からピーチで行ったのですが、関空から沖縄は季節によって変わりますが1日3便前後あります。

今回行ったの関空10時頃出発で12時過ぎに沖縄到着です。その日は半日遊べます。そして翌日は最終便の17時頃の便で関空まで帰ってきました。

17時出発なのでほぼ1日遊べます。

しかし、沖縄の那覇空港から遊びのための目的地へ行く場合、バス、タクシー、モノレール、レンタカーなどの交通手段がありますが、レンタカーがちょっと曲者です。

せっかくお昼頃に沖縄に到着したのに、レンタカーを借りるのに手間取ると、2時間程度は無駄になります。

沖縄のレンタカー会社によっては、那覇空港から遠かったり、混雑して手続きに時間がかかったりするところがあります。

レンタカーも同じ車種で同じくらいの期間かりても、レンタカー会社によって料金がかなり違います。

まぁ同じ車種といっても、新車に近い車をレンタルしてくれる所もあったり、かなりボロい中古車をレンタルする会社もありますので、そのあたりもチェックが必要です。

また、カーナビやETCなどの装備も違っていたり、満タン返ししなくていいレンタカー会社もあったりします。

去年沖縄に行った時に借りたレンタカー会社は、モノレールを乗って国際通りにあるレンタカー会社だったのですが、自分たち以外にお客さんがいなかったので、書類手続きが早く、すぐにレンタルできました。

那覇空港から遠い印象でしたが、那覇空港近くの混雑するレンタカー会社で手続きを待つより、モノレールに乗っても全体的に早く車が手に入るかも知れません。

2月に行った時は、那覇空港にかなり近いレンタカー会社でしたが、営業所まで送迎バスで行きます。しかし送迎バスが出発するまで、人が揃うまで待つので、かなりの待ち時間がありました。

しかも空港に近くて人気だったのか、営業者はかなりの人でごった返してました。結局順番待ちで手続きするので、全体的には時間がかかることになりました。しかし車は新車快適だったのと、レンタルを返す時に、空港まで近くなので、ギリギリまでレンタルでできました。

3月のレンタカー会社は、ピーチの到着する第二ターミナルから送迎バスがでているので、一番便利なように思えましたが、これが失敗です。営業所が空港から遠く、瀬長島近くまで行かないといけません。

送迎バスの出発もピーチが到着してから全員が揃うまで、20分以上は待たされました。その上営業所までバスで20分ほどかかるので、到着してから1時間以上あとにレンタルすることになりました。

このレンタカー会社はかなり割引率が高く、レンタカー料金が一番安かったし、ガソリンの満タンしなくていいので、一番安上がりに借りることができました。

参考:レンタカーを格安料金でレンタルする方法

レンタカーを選ぶ場合、レンタカー料金だけでなく、借りるまでの時間や、装備品などもチェックしてからレンタルする必要があるなぁと実感しました。

着ない服がいっぱいになってきたので買い取りにだそうか

3月も中旬なんで少し暖かくなってきたので、春物の服を出そうと考えてクローゼットの中を見たら、あんがい着ない服がいっぱいあるのが分かった。

そういえば母親のタンスの中には誰も着ない着物もたくさん残っているし、家の中でも着ない服がたくさんあるのが、押し入れやクローゼットを狭めている原因だと思う。

性格的なもんかもしれないけれど、いつか着るかも、まだ着れるのに捨てるのはもったいないとかの理由でかなり大昔の服が何年もタンスの奥にしまわれたままなんです。

今年こそは、これらの服をや着物を仕訳して処分しようと思う。

でも捨てるのはもったいないので、着物や服などを買い取ってくれる買い取り業者があるので、一度利用してみよう。

高価買取かどうか分からんけど、ブランド物かそのものの状態によっても変わってくると思うので、いくらになるかはわからないけど、まぁあまり期待せずに一度見積もりをとってみようと思います。

買取価格よりも、着もしない服が処分できることで、家のスペースが空くのと、気分的にきもちがいいのが、買い取りのメリットかも知れませんね。

服や着物以外もちょっとずつ断捨離して、今年中に家の中をスッキリしていこう。

 

 

 

 

会社設立のために税理士事務所を選ぶ

法人化を検討しているので、今週から税理士事務所を何件かピックアップして、面談にに行ってきました。

個人事業主としてやってきましたが、どうも去年くらいから利益が上がってきているので、法人にしないと、税金をかなり払うことになりそうなんで、今回焦って法人化を検討しだしたんですが、どうも手遅れのようです。

今年は8月現在でかなりの利益なので、このまま法人化しないで、ほおっておくと、とんでもない税金が請求されそうです。

まずは、「会社設立 大阪」で検索してみました。まぁたくさん表示されます。法人化を考えている人がかなり多いという感じですね。

気になる会社を何件かチェックしてみると、株式会社を設立するには、どこも同じですね。株式会社は202,000円が相場のようです。

会社設立だけなら、どこでしても同じなんですが、その後の顧問契約と記帳、確定申告処理なども行ってくれるところを探しました。

この費用については、少しずつ会社によって違うようです。月額数千円のところから、4万円の会社まで、サービス内容も違っているようです。

できれば記帳は、伝票類をを丸投げして全部やってもらいたいので、それらを考慮すると、月額3万円程度、年額にして40万円ほど必要になってくるようです。

1年目は、会社設立費用の202,000円と、顧問契約などの40万円で、60万円ほど必要になってきます。

当初は毎年40万円ももったいないと思っていましたが、記帳して確定申告の処理を自分でするなら、このくらいは必要だと思うようになってきましたし、必要経費で落ちるんなら安いんじゃないかと思います。

そんな感じで、今週は3社面談に行ってきました。税理士を紹介しているサイトもあり、何人か紹介してくれるようですが、長期で付き合っていくなら、やはり個人で税理士をしている人よりも、会社として税理士をかかえている会社の方が、信頼があるだとろいうことで、ある程度の会社を選んで連絡しました。

1件目は、淀屋橋にある「TKC全国会」に加盟している税理士事務所です。TKC全国会」とは詳しいことは知りませんが、聞いたことがある税理士のグループのようなのは知っていました。

2件目は京橋にある税理士事務所です。ホームページが見やすかったのと、金額的に安そうなので、選択肢に入れました。

3件目は南森町にある税理士事務所で、東京や名古屋にも事務所を持っている少し大きな税理士事務所でした。

他にいろんなサイトをチェックしましたが、ホームページを見ただけで、あんまり気が進まないようなサイトは除外したので、この3社から選択することにしました。

 

 

ギターに凝ると爪にまで凝るようになりますね。

アコーステックギターを趣味にしているのですが、ギターを始めた頃は、弦をポロポロ弾いて音を出すだけの楽器と思っていました。

まぁ始めた頃というのは、高校生の時なので、もう40年以上前のことですね。それからずっと弾いていたのならかなりうまくなっているのですが、大学に入ってからは、ぜんぜん弾かなくなってしまい、最近老後の楽しみといういか、手先を使うことでボケ防止をねらうということで、また弾き始めてしまったのです。

つまり高校3年間しか、まともに弾いていなかったので、まったくうまくはないのですが、また弾き始めて1年ほど経つとようやく、面白さが増してきたようです。

再び弾きだすにあたって、あまり大きな音はうるさいので、ヤマハのサイレントギターを買いました。このサイレントギターというのは、エレキギターのように、そのままでは音があまりでなくて、アンプとスピーカーにつなぐとアコーステックギターと同じ音がなるギターです。

アコースティクギター初心者に役立つTIPS集

夜に練習したい人や、あまりうまくないので音が小さいギターが欲しいという人に最適なギターですね。

そのサイレントギターも弾いていると、やはり普通のアコーステックギターと音や弾く感覚が違うので、やっぱりアコーステックギターが欲しくなってきます。

しかも高校時代には、1万円かそこらで買ったギターも、今ならもう少しお金が出せるので、ちょっといいギターが欲しくなります。高校時代憧れだったギブソンやマーチンのギターが欲しくなります。

外車や高級腕時計などと違って、高くても100万円台で手に入ります。40~50万円もあれば、そこそこのいいギターが手に入るので、やっぱり買ってしまいました。

そしてピックでジャカジャカ弾いていたのは、フィンガーピッキングへと練習を重ねるようになります。より高度なコードやピッキングを練習するようになると、爪をフィンガーピッキング用に伸ばすようになります。

このギターのピンキング用には付け爪のようなピックがあったり、爪そのものに塗る強化剤のようなものもあります。ピックも非常に多くの種類がありますが、爪もいろんな小道具で弾きやすくすることができるようです。

ギターをはじめた頃はピックで弦をかき鳴らすだけでしたが、うまくなるにつれて、ギターに凝り、道具に凝り、爪にまで凝るようなってくるもんなんです。

男性でも女性のように、爪の手入れをする必要がでてくるまで、ギターにのめりこんでいくのが分かるような気がします。

爪のトラブルと対処方法

股割りが目標なんです。

平日は夕方から、スポーツジムにかよってます。

目標が「股割り」をすることなんで、ジムでは主にストレッチをしています。
ストレッチなら家でもできるかも知れませんが、やっぱりジムに来ると、お金を払ってるので「やらねば」という意識があって、定期的にできますね。

f:id:blowline:20160826085329j:plain

もちろん、ストレッチの後に有酸素運動としてマシンでランを2~3kmほど早足であるきます。6.5km/時ほどなので、結構な早足ですね。走る一歩手前なので、かなりいい運動になります。

その後は、マシンでお腹の引き締めと胸板の強化です。やっぱりお腹が出てきているということと、メタボ体型脱出を考えて腹筋と背筋をマシンで行っています。

こちらもお腹を凹ませるということで始めましたが、どうせなら6パックを目標にがんばっています。

胸板の強化は、お腹が凹んでも胸板が貧そだと見た目が悪いので、お腹の引き締めと合わせて胸板を強化して、メタボ体型から脱出したいと思います。

まぁ最大の目標は股割りなので、ストレッチをジムで行い、仕事中や家でも、できる範囲でやっています。

最初は、ぜんぜん足が開かなかったのですが、毎日やってると筋が伸びてきているのか、少しずつ足が開いてくるようになってきました。

180度とはまだまだ及びませんが、150度ほどは開いてきたようです。そしてその体勢で前屈して胸がペチャと床につくようになるのが目標地点です。

ジムでもやはり女性の人は体が柔らかいのか、完璧な股割りをしている人がいます。男性では、ストレッチをしている人でも、胸が床についている人は観ません。

胸が付くまではまだまだですが、最初はひじが着くなんてぜんぜんの硬さだっいたのですが、今ではひじから先がペチャとつくようになってきました。まぁここからが大変なんでしょうけど、日々の積み重ねが目標に到達できる最短距離だと思いますので、がんばろうと思います。

それと自分ひとりでは、なかなか進めないと間違ったストレッチをやっていないかということで、パーソナル・トレーナーの人に週一回、ストレッチをしてもらっています。

これは15分間という短い時間ですが、主に足腰周りの筋肉を伸ばしてもらうためのストレッチです。

やはり、しっかりとストレッチを行っても、自分だけでは限界がありますが、専門のトレーナーにストレッチしてもらうとよく効きますね。

自分だけだと、痛いところでやめてしまいますが、トレーナーにしてもらうと、痛いところから、少しだけ伸ばしてもらえるので、よりストレッチの効果が上がります。

まぁ、なんでストレッチを重点的にしているのかといえば、やはり柔軟性がることで、ケガをしなくなります。

お相撲さんが、股割りをしているのは、柔軟性を上げてケガを少なくするためなんです。あの大きな巨体がぶつかり合って、戦うと、柔軟性がないとすぐにケゲをしてしまいます。

そのため、筋肉を強化したり持久力をつけるよりも、体の柔軟性を高めて、ケガをしない体作りを行うため、体の要である腰を柔らかくするための「股割り」を目標としました。

年内には「股割り」を達成したいです。

 

 

通勤電車の往復の時間で映画や海外ドラマを楽しむ

通勤電車に乗っている時間というのは、年間を通すとかなりな時間になりますよね。
新聞を読む人、本を読む人、ゲームをする人、音楽を聴く人など、人によっては電車で過ごす時間はさまざまです。

しかしこの時間を有効活用しないと何か損した気分になってしまうのは、性格がせこいからなんでしょうか。

f:id:blowline:20040304183657j:plain

例えば、片道30分ほど通勤電車に乗るとして、一日で1時間、年間だと250時間ほど電車に乗っている計算になります。


電車に乗る時間がもっと多い人は、もちろんこの時間も増えることになりますね。

この250時間を自分にとって有効活用できれば結構なことができそうです。通勤時間なので、わざわざ年間250時間を作り出す必要もなく、忙しい時間を削る必要もありませんよね。

例えば、250時間分を英会話やヨガなどの教室に通うとなると、かなりの授業料を払うことになりますよね。

1時間1,000円だとしても250時間だと、25万円必要ですよ。年間25万円分の勉強が毎日の通勤電車で無料でできるんですから、これを使わないと損ですよね。

また、読書や映画を観るとしても、250時間あれば、かなりの本が読書ができるし、2時間の映画だと120本以上の映画を観ることができるんです。

勉強であれ、趣味のであれ年間250時間使うことができれば、かなり充実した時間を過ごすことになります。今まで無駄に過ごしていた時間を有意義に使えれば、自分の人生にとっても、プラスになります。

昔なら電車の中で過ごすのは、文庫本を読んだり、新聞を広げたりする人が多かったのですが、最近ではスマホタブレットでゲームをしたり、映画やドラマを観たり、SNSで友達とオシャベリしたりと、できることが多くなってきました。

せっかくなので、スマホタブレットを使って、自分のためになること、勉強や仕事をしてみてはどうでしょうか。

文章を書く仕事ならスマホタブレットがあれば電車の中でもできます。250時間分の仕事ができれば、時給1,000円としても25万円です。いい副業になるんじゃないでしょうか。

文章を書く仕事は、時給1,000円ではないですが、実は1,000円どころは1万円のも10万円にもなったりします。もちろん1円にもならない場合もあります。

こんな感じで、電車の中で過ごす時間をいろいろと考えてみてはどうでしょうか。

そういう自分は。動画配信サービスの映画やドラマをスマートフォンで観ています。
地下鉄なんでネット回線が安定的につながらないので、映像が乱れるかと思いましたが、最近の動画配信サービスはよくできています。

動画配信サービスのdTVやAmazonプライムビデオやU-NEXTは、コンテンツがダウンロードできるんです。だからネットがつながってなくても、観れるんです。

まぁ厳密に言えば、ダウンロードした映画を観るとき(起動する時に)、一旦ネットにつなげて、ユーザー確認みたいなことをするので、アプリを起動したときだけ、ネットにつながっている必要がありわけです。

しかしAmazonプライムビデオだけは、ダウンロードした映画を観るときにでも、まったくのネット回線不要なんです、しかもSDカードにダウンロードもできます

このダウンロードした映画を毎日の通勤で観ているので、年間を通してかなりの本数を見ることができるし、通勤時間が楽しみになっています。

動画配信サービス+スマホで、移動や待ち時間があっても、映画をたっぷりと楽しむことができるようになって、ホントいい時代になったなぁと思います。

動画配信サービスのHuluは無料で2週間見放題なので、一度試してみてはどうですか。hulu以外にもdTVやU-NEXTなども無料お試しができるので、色々と試してみれば自分に合ったサービスが見つかりますよ。