定年でも楽しく好きに生きていく!

定年後の人生を楽しく過ごすために、今にやっておきたいことや気づいたことなど、書き留めるブログ

定年まで、あと3年で何ができるか?

最近では定年が、65才の企業もじょじょに増えてきているようですが、まだ60才で定年になる企業の方が多いみたいです。

 

f:id:blowline:20140826093556j:plain


自分は来年早々には57才になるので、定年まであと3年というところにいます。

あと3年を考えるときに、やはり定年後の人生や生活を充実したものにするために、残りのこの期間を有効に使っていく必要がありますね。

社会人になった当時を振り返ると、会社に入社したての頃は、いかに仕事を早く覚えて戦力になって、給料を上げていこうと考えたりしていました。

仕事はとても楽しくて、仲間といっしょに成し遂げる仕事や、日本全国を出張で飛びまわったり、納期間際の徹夜での仕事など、仕事中心の生活でした。

もちろん結婚して子供が生まれてからも、家族のために一生懸命仕事をがんばってきたので、結果として管理職となり、そこその年収にまでなってきたわけです。

振り返ると仕事や遊びに全力を出し切ってきたと思います。ここまでは楽しい人生を送ってきたかもしれません。

しかし、定年のラインが見えてきた頃には、やはりこの先をどうして過ごそうかを考える時が多くなりました。

健康で大きな病気もあまりしなかったのですが、今後のことを考えると、やはり健康的な人生を送りたいと思います。

今は両親とも他界していますが、やはりどちらも病気となり病院で最後を迎えました。父親は肺がんで一ヶ月の入院ののち亡くなり、ピンピンコロリを希望していた母親は、同じように一ヶ月の入院ののち治療のかいもなく亡くなりました。

両親だけでなく、やはり周りの知り合いの方たちも、老衰といった逝き方ではなく、病院で終わりを迎えることがほとんどです。

 何とか自分だけは、ピンピンコロリとなりたいと思います。そのためにはやはり健康でいる必要があるわけです。

しかし健康だけがとりえでも、お金がなければ健全な生活もおくれません。

そこで、定年になるまでの3年間で何ができるのかを考えて、いかにその後の人生を楽しく過ごすために、気づいたり、考えたり、挑戦したり、計画したことなどを、日々書き留めていこうと思います。