読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年でも楽しく好きに生きていく!

定年後の人生を楽しく過ごすために、今にやっておきたいことや気づいたことなど、書き留めるブログ

老眼にはオーバー5.5インチのiPhone6 plusやGalaxyNoteが最高

iPhone6やiPhone6 plusが発売されて、大変な人気で、近くの心斎橋アップルストアは行列の横はいりや在庫切れさわぎで大変なことになっていました。

f:id:blowline:20140925160954j:plain


そのスマートフォンですが、年々大型化の傾向でiPhoneもようやくiPhone6 plusで5インチオーバーになりました。他のメーカーも5インチオーバーのフェブレットと呼ばれるサイズが増えてきましたね。

携帯電話が全盛の時代には、小さくて軽い携帯電話がジーパンのポケットに入って簡単に取り出せるように、携帯ストラップを付けるのが一般的だったわけです。

しかし、スマートフォンの場合は、携帯性よりも画面の見やすさが優先されて、徐々に大きな画面になってきて、ポケットに入れるよりは、カバーをしてカバンなどに入れておくことが多くなっています。

最近では5インチから7インチの範囲の画面サイズのファブレットと呼ばれる端末を持つ人が増えてきました。

これはフルHD以上の高画質の画面を小さなディスプレイで見るよりも、できるだけ大きなディスプレイで見るほうが、見やすいし迫力のある映像が見れるからですね。

最近流行の動画配信サービスや、ゲームなどをするにも大画面の方が、より楽しめるわけです。

高画質・高精細の大画面の長所は映画やゲームのためだけでなく、近くの文字が見づらくなった自分たち老眼世代にもかなりメリットがあります。

ファブレット(大画面のスマートフォン)のメリット
1.文字がとても見やすいので、いちいち老眼鏡をする必要がありません。
2.文字入力する場合、入力するところが大きいので、入力しやすい。

中途半端な大きさの「らくらくフォン」などより、大画面でいろいろなことができるファブレットで指と脳を使えば、ボケ対策にもなるので、年をとった人こそ、必要なアイテムだと思います。

特にGalaxyNoteはSペンというペン入力機能が優秀なので、老眼世代にはおすすめです。