読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年でも楽しく好きに生きていく!

定年後の人生を楽しく過ごすために、今にやっておきたいことや気づいたことなど、書き留めるブログ

与論島のプリシアリゾートはお安く泊まれる

与論島は小さい島なので、宿泊施設も非常に少なくて、ビジネスホテルや旅館などはありません。

f:id:blowline:20160706151101j:plain


大きな宿泊施設が「プリシアリゾート・ホテル」ぐらいです。

全てコテージタイプで、カップルやグループで宿泊できるようになっています。

だから食事はフロントのある本館のレストランやミコノス広場とよばれる、海に面した広場にあるレストランになります。

まぁ歩いてプリシアリゾートの外に行けば、少しだけ食堂がありますが、あまり期待しないほうがいいでしょう。

プリシアリゾートのWEBサイトなどで見る写真は非常にきれいですが、建物自体は年数が経っているので、海辺に面していることから、少し老朽化しています。

しかし清掃が行き届いているので、快適に過ごせますが、沖縄本島に豪華なリゾートホテルと比べると、少々見劣りしてしまいます。

海や空などの写真はそのまんまの素晴らしさです。

そして、リゾート内の各種サービスは、さすが南国らしさがあっておおらかです。
マリンアクティビテイは、1つのアクテビティに対して時間が決められていて、例えばシュノーケリングのレンタルは、2時間2,200円です。

しかし2時間以上経っても、だれも何も言いません。SUPも1時間単位ですが、特に何も誰も時間を気にしていません。

スタッフに聞いたのですが、開始時間をいちいちメモしていないので、時間は適当です。お客さんの方から「そろそろですか?」と質問したら、「ええそろそろです」と答えるようです。

今回レンタルバイクを借りたとき、3時間レンタルでしたが、帰ってきたときは3時間半ほど経っていました。バイクのキーをフロント返す時に30分オーバーを言われるかなと思っていましたが、まったく何もなかったように「ありがとうございました」と言われただけです。

レンタルのオーバー分は無料にしてくれるようなので、借りるときはレンタル予定時間を短く言っておいた方がお得ですね。

ホテルの宿泊料金もそんなに高くないですし、ホテル内のドリンク類も自動販売機で売っている値段と同じです。

マリンレジャー用のレンタルも時間にうるさくなく、得した気分です。

そしてコテージ内は無料Wi-Fiもつながっていて、スマホも快適に使えます。プリシアリゾート内だけで使える宿泊者向けのサービスなので、めんどうなパスワードなどの入力もなく、自動的につながるので便利ですよ。

長期滞在プランもあるようなので、リゾートでゆっくりと滞在される人は、ノートPCやタブレットなどを持ち込んで、仕事などもできるし、テレビに飽きたらネットも楽しむことができますね。

WI-FIタブレットがあれば、動画配信サービスで映画やドラマも無料で楽しめるので、テレビ番組のチャンネル数の少なさも苦にならないですよ。

長期滞在の方は、「Hulu(フールー)無料トライアル・ガイド」を参考に、滞在中に、映画やドラマを楽しんでみてはどうですか。

ちなみに2月にも沖縄に行ったのですが、その時は、関空からピーチで行きましたが、今回は関空からの直行便がないので、大阪空港からJALで沖縄経由で行きました。