定年でも楽しく好きに生きていく!

定年後の人生を楽しく過ごすために、今にやっておきたいことや気づいたことなど、書き留めるブログ

金とプラチナの地金を買ってきましたよ

金とプラチナ地金20gゲット

昨日、金とプラチナの地金を買ってきました。

特に金投資などで儲けようと思ってるんじゃなく、お守り代わりや金運向上のアイテムとして、財布に入れておいたりして、持っていようかと思い立って、近くの田中貴金属に買いにいってきました。

f:id:blowline:20160805090336j:plain

買った地金は、一番小さい(重量の軽い)金とプラチナのバー(延べ棒)です。
金地金が5gを2つ、プラチナ地金5gを2つの計4つ20gです。

地金の種類

地金の種類田中貴金属で販売している地金の種類は、金、プラチナ、銀の3種類です。
販売している金とプラチナの地金の重量は、5g、10g、20g、50g、100g、200g、500g、1kgとあって、銀は30kgです。

金やプラチナの1kgと500gは、テレビなどでよく見る延べ棒のような形をしていますが、それ以外の軽い地金は上の写真のように、四角いお金のような形をしています。

5gが一番小さくて財布に入りやすいということで、買いましたが、それでも金なので、見た目の小さいわりに、ずっしりと重いのが分かります。

5gの金地金は20mm×12mm×1.5mmの小さな四角形をした地金です。プラチナは金より一回り大きなサイズです。

金地金の表面には、999.9と入ってあり、金の純度を千分率で表した数字ですね。ほぼ100%だということです。

プラチナ地金の表面には99.95と入っているので、これは百分率で99.95%ということですが、金とプラチナでは表し方が違うみたいですね。

地金の金額


金やプラチナの地金の価格は、その日の金相場、プラチナ相場の朝の決まった時間の地金価格で決まります。

2016年8月4日の金の購入単価は、4,818円で、プラチナは4,164円です。一昔前まではプラチナの方が高かったのですが、今は逆転してますね。

金やプラチナ、銀の地金は購入するだけでなく、売ることもできます。金やプラチナの価格が安い時に買って、高くなって売るということで、金投資などをしている人もいるのは、こういった売買できるからなんです。

こういったところは株や外貨などの取引と似ていますね。

そのため、購入するときには、商品代金だけじゃなく、売買手数料がいります。それが案外高いのです。

1kg以上だったか500gだったか忘れましたが、ある一定の重さの地金の購入には、手数料が無料なんです。まぁたくさん買うと手数料はオマケという感じですね。

だから逆に小さい(軽い)地金の購入に場合には、手数料が高く感じます、感じるいういよりも、購入代金に対する手数料の割合が高いです。

今回買った5g地金には、4,320円の手数料が必要でした。5gが4つなので、全部で17,280円も手数料がいったわけです。

5gの金地金が24,090円で手数料の4,320円を加えると、28,410円になります。

もしこの地金を販売するとなると、金価格が一緒なら24,090円から逆に手数料を引かれて買い上げられます。5gごときで金の売買をすると損するばかりですね。よっぽど購入した時より金価格が上がらないと売る気がしないです。

金投資を考えている人なら現物じゃなかったり、もっと重い金地金での取引をしないとダメじゃないんでしょうか。

まぁ、金地金で儲けるつもりじゃなく、お守り代わりや、金運向上のアイテム、子供や孫たちへのプレゼントなどで、活用できればいいと思ってます。

これからも10gや20gの金地金、プラチナ地金を少しずつ買いためていこうと思ってます。