読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定年まであと2年!

定年まであと2年です。定年後の人生を楽しく過ごすために、今にやっておきたいことや気づいたことなど、書き留めるブログ

沖縄旅行で必要なレンタカーを選ぶポイントは料金だけじゃない

沖縄に行ってきました。まぁ大阪から2時間ちょっとで行けるのと、最近ではLCCを使えば、数千円程度で行けるので、気が向いた時に行ける範囲の旅行になってきました。

2017年に入って、2月に2泊三日、3月には1泊二日と行ってきたわけです。
関空からピーチで行ったのですが、関空から沖縄は季節によって変わりますが1日3便前後あります。

今回行ったの関空10時頃出発で12時過ぎに沖縄到着です。その日は半日遊べます。そして翌日は最終便の17時頃の便で関空まで帰ってきました。

17時出発なのでほぼ1日遊べます。

しかし、沖縄の那覇空港から遊びのための目的地へ行く場合、バス、タクシー、モノレール、レンタカーなどの交通手段がありますが、レンタカーがちょっと曲者です。

せっかくお昼頃に沖縄に到着したのに、レンタカーを借りるのに手間取ると、2時間程度は無駄になります。

沖縄のレンタカー会社によっては、那覇空港から遠かったり、混雑して手続きに時間がかかったりするところがあります。

レンタカーも同じ車種で同じくらいの期間かりても、レンタカー会社によって料金がかなり違います。

まぁ同じ車種といっても、新車に近い車をレンタルしてくれる所もあったり、かなりボロい中古車をレンタルする会社もありますので、そのあたりもチェックが必要です。

また、カーナビやETCなどの装備も違っていたり、満タン返ししなくていいレンタカー会社もあったりします。

去年沖縄に行った時に借りたレンタカー会社は、モノレールを乗って国際通りにあるレンタカー会社だったのですが、自分たち以外にお客さんがいなかったので、書類手続きが早く、すぐにレンタルできました。

那覇空港から遠い印象でしたが、那覇空港近くの混雑するレンタカー会社で手続きを待つより、モノレールに乗っても全体的に早く車が手に入るかも知れません。

2月に行った時は、那覇空港にかなり近いレンタカー会社でしたが、営業所まで送迎バスで行きます。しかし送迎バスが出発するまで、人が揃うまで待つので、かなりの待ち時間がありました。

しかも空港に近くて人気だったのか、営業者はかなりの人でごった返してました。結局順番待ちで手続きするので、全体的には時間がかかることになりました。しかし車は新車快適だったのと、レンタルを返す時に、空港まで近くなので、ギリギリまでレンタルでできました。

3月のレンタカー会社は、ピーチの到着する第二ターミナルから送迎バスがでているので、一番便利なように思えましたが、これが失敗です。営業所が空港から遠く、瀬長島近くまで行かないといけません。

送迎バスの出発もピーチが到着してから全員が揃うまで、20分以上は待たされました。その上営業所までバスで20分ほどかかるので、到着してから1時間以上あとにレンタルすることになりました。

このレンタカー会社はかなり割引率が高く、レンタカー料金が一番安かったし、ガソリンの満タンしなくていいので、一番安上がりに借りることができました。

参考:レンタカーを格安料金でレンタルする方法

レンタカーを選ぶ場合、レンタカー料金だけでなく、借りるまでの時間や、装備品などもチェックしてからレンタルする必要があるなぁと実感しました。